最近、抜け毛が増えた?!と感じている人。髪にも、夏の疲れが出るのです。

最近、抜け毛が増えた?!と感じている人。髪にも、夏の疲れが出るのです。

秋は、1年の中でも一番過ごしやす季節。でもハードな夏を乗り越えた頭皮をケアする大事な季節でもあります。

夏の疲れが出る季節

毎年、最高気温を更新するような異常な暑さの夏。そして、電車の中、お店の中、室内では、エアコンで冷やされるという気温差の繰り返しを1日で何度も経験しますよね。なんとなく体がだるくて食欲もないという日が続く、これを夏バテなんてよく言いますが、この夏バテを解消する前に、蓄積したまま秋になる「秋バテ」なんて言葉もあるそうです。

秋バテは、夏の疲れと秋の昼と夜の気温差で自律神経の乱れ、食欲不振、睡眠不足、やる気が出ない、夏の紫外線や汗で頭皮に負担がかかり、抜け毛が増えるという事があります。

「秋バテ」の解消方法

まだまだ暑い9月ですが、カラダを温める事をオススメします。

お風呂に浸かる

ぬるめのお湯(38〜40度)に10〜15分浸ってみて下さい。副交感神経が優位になるので、心身ともにリラックスできます。好きな香りの入浴剤などを使用すると更にリラックスできますね。人間のカラダは、思った以上にエアコンで冷えています。

また入浴した時に上がった体温は、入浴後約1時間半後に体温が下がり、眠くなります。ベッドに入る時間を入浴後、1時間半後を目安にすると寝つきが良くなります。睡眠の質を高めるためにも、入浴は効果的です。

冷たい飲み物を控える

夏の間、冷たいものばかり飲んだり食べたりしていると、内臓が冷えてしまいます。そのまま秋になると、胃腸は、消化機能が低下、免疫力も下がり、風邪もひきやすくなります。

カラダを温めるヘルシーな食べ物がオススメです。例えば、鍋やおでん。旬の野菜もとれてヘルシーです。また、カラダを温める食材(生姜やニンニク、ネギなど)も積極的に摂るように心がけましょう。スタミナをつけるつもりで、がっつりこってりした物を食べると、疲れた胃腸には逆効果です。飲み物は、常温で飲むようにすると胃に優しいです。

まとめ

髪の毛の成長には、栄養が必要です。栄養は、毛細血管から届けられるので血行を良くしなければなりません。上記のように、カラダが冷えていたり、自律神経が乱れていたら、頭皮の毛細血管は、萎縮し血行不良を起こしてしまいます。また夏の紫外線のダメージの蓄積が、抜け毛を引き起こします。

まずは、内臓からカラダを温めて、頭皮に十分な栄養を与え、体の中から薄毛対策を心がけましょう!それが「秋バテ」解消に繋がります。

みなさまのお越しを心よりお待ちしております。
ご質問・ご相談がございましたらお気軽にお問い合わせください。
ページTOPへ
初めての方へ初回お試し体験コース60分 6,000円(税別)お申し込みはこちら